ここから本文です

木戸愛 3位後退もV射程圏 4年ぶり2勝目で父を「男泣きさせたい」

デイリースポーツ 7月17日(日)7時0分配信

 「女子ゴルフ・サマンサタバサ・レディース・第2日」(16日、イーグルポイントGC=パー72)

 首位から出た木戸愛(26)=ゼンリン=が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算5アンダーの3位に後退したが、優勝戦線には踏みとどまった。66をマークして首位に立った原江里菜(28)=NEC=とは3打差。最終日は逆転での4年ぶりツアー通算2勝目を目指す。初日首位のアマチュア、吉本ひかる(17)=滋賀短大付高3年=は73とスコアを落とし、通算2アンダーの19位に後退した。

 逆転優勝へ望みはつないだ。首位から3位に後退したものの、木戸は手応えを感じていた。1番で2日連続のバーディーを奪い「きのうと同じでいいスタートが切れたし、フィーリングも良かった」とうなずいた。

 パットがわずかにカップに届かない場面もあり、「パットは打たないと入らないですよね。もっと(スコアを)伸ばせたかも」という反省がありながらも、首位とは3打差で射程圏にとらえている。

 この日から元プロレスラーでもある父・修氏(66)も応援に駆けつけた。大会前には父から「初心を忘れるな」というアドバイスをもらい、初日に続きこの日も「いい姿は見せられたのでは」。同組で回ったアマチュアの新垣からも「比菜ちゃん見て、ガンガンいかないと、と思いました」と刺激を受けた。

 「父は家のベランダで日光浴するんです。仕上がってますよね」というほど真っ黒で、公称180センチ、106キロの巨体。このいかつい修氏を「男泣きさせたいですねえ」。4年前のこの大会以来となるツアー2勝目に向け最終日、攻勢に出る。

最終更新:7月17日(日)7時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]