ここから本文です

EXILE TRIBEが列島ジャック 5元生中継で5都市舞台あいさつ

デイリースポーツ 7月17日(日)7時2分配信

 人気グループのEXILEや兄弟グループのメンバーが多数出演する映画「HiGH&LOW THE MOVIE」が16日、公開初日を迎え、東京・大阪・札幌など全国5都市の劇場を5元生中継し、各地で出演した計11人が同時に登壇する史上初の“列島ジャック舞台あいさつ”が行われた。この日から18日まで3日間で、出演者36人が47都道府県143館で200回あいさつする予定。10月8日に続編の公開も発表され、“ハイローフィーバー”はまだまだ続きそうだ。

【写真】大阪にはAKIRAが登場

 これまでドームツアーで何度も熱狂させた札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5都市。この日のEXILE TRIBE(一派)は映画館を黄色い悲鳴で包んだ。

 札幌で青柳翔(30)と早乙女太一(24)、東京で登坂広臣(29)、今市隆二(29)、名古屋では岩田剛典(27)、大阪にAKIRA(34)、福岡ではTAKAHIRO(31)らが同時に登壇。各会場の大スクリーンに他の4会場の様子が映し出され、前代未聞の“5元中継同時舞台あいさつ”がスタートした。

 コワモテのチーム総長を演じたAKIRAは「本当の自分は、あんなに怖くない」と苦笑い。アウトロー兄弟の弟を演じた登坂は「ELLYと戦うシーンが印象的。ELLYはボクシングをやっていたので、当たったらただじゃ済まないので必死によけた」と秘話を明かした。

 今作は、昨年からドラマ、コミック、音楽など多メディアで展開してきた「HiGH&LOW」プロジェクトの集大成となる。力の入れようも相当で、この日だけで、19都道府県40スクリーンで62回の舞台あいさつを敢行。さらに18日までの3連休で出演者36人が17チームに分かれ、全47都道府県の143館で200回の舞台挨拶を行うなど“列島ジャック”に挑戦する。

 また、22日からは「-THE LIVE」と題した14公演に及ぶ4大ドームツアーもスタートする。登坂が東京から「次は音楽で作品世界へみなさんを連れて行く」と誓うと、AKIRAは大阪で「これからがプロジェクトの始まり。全員で一丸で、全国に届ける」と呼応。全国の劇場で大歓声が上がった。

最終更新:7月17日(日)8時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。