ここから本文です

Shout it Out、山内が20歳迎えた東京初ワンマン「本当に大人になったのだろうか?」

音楽ナタリー 7月17日(日)16時33分配信

Shout it Outが7月10日に東京・CHELSEA HOTELでワンマンライブ「Shout it Out ワンマンライブ~大人になること~」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これはShout it Outがニューシングル「青春のすべて」で、7月6日にポニーキャニオンからメジャーデビューしたことを記念したワンマンライブ。彼らにとって初めての東京ワンマンであり、ライブ当日に山内彰馬(Vo, G)が20歳の誕生日を迎えた。この日バンドは静かに演奏をスタートさせ、次第に力強いアンサンブルを届けて観客を熱くさせる。しかし2曲目ではたいたい(B)のベースの音が出なくなるというハプニングが。山内は「始まりました、Shout it Outワンマンライブ。とても愉快な幕開けとなりましたが楽しんでいただいていますでしょうか?」と話して観客を笑わせた。

山内は「東京! まだまだいけると信じています!」とオーディエンスを煽り、情感たっぷりのパフォーマンスで観客の目を釘付けに。熱演のあまりライブ中盤では細川千弘(Dr)のハイハットが割れるというアクシデントが起こるも、山内は「そういう日です、今日は!」と笑い飛ばしていた。終盤、彼は20歳を迎えたことについて「20歳を迎えるのが嫌だったんですけど、今日目を覚ましたら昨日と何も変わらない朝で、『本当に僕は大人になったのだろうか?』と思った」と言及し、「新しいステージに立っても、何かを始めても、結局僕たちがいるのは昨日の続きでしかなくて、それからはどうしても逃げられない。だからメジャーに行っても今までと何も変わらないShout it Outだし、20歳になっても何も変わらない山内彰馬です」と宣言。バンドは「一から」をドロップし、露口仁也(G)の突き抜けるようなギターリフと山内の熱のこもった歌声を響かせた。

アンコールでは誕生日を迎えた山内へのサプライズとして、ケーキの代わりに彼の大好物である特大の寿司が登場。彼はメンバーやファンから祝福される中、寿司に立てられたロウソクの火を吹き消した。ライブの最後に山内は、オーディエンスに向け「これからもどうか一緒に歩いていきましょう。よろしくお願いします」と呼びかける。バンドは激しいパフォーマンスを繰り出したのち、深々と頭を下げてステージを降りた。なお彼らはライブ中に、赤色のグリッターとのスプリットツアーを9月から10月にかけて全国5カ所で行うことを発表。チケットのオフィシャル先行予約は明日7月18日まで受付中。

Shout it Out「Shout it Outワンマンライブ~一から~」
2016年8月1日(月)愛知県 APOLLO BASE

Shout it Out「Shout it Out presents “虎の威を借り、狩られる狐”」
2016年8月3日(水)東京都 新宿LOFT<出演者>Shout it Out / Bentham2016年8月30日(火)愛知県 池下CLUB UPSET<出演者>Shout it Out / and more2016年8月31日(水)大阪府 OSAKA MUSE<出演者>SHout it Out / SHE'S

うたごころ、結髪
2016年9月10日(土)愛知県 池下CLUB UPSET<出演者>Shout it Out / 赤色のグリッター2016年9月11日(日)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE<出演者>Shout it Out / 赤色のグリッター2016年9月24日(土)広島県 BACK BEAT<出演者>Shout it Out / 赤色のグリッター / and more2016年9月25日(日)福岡県 graf<出演者>Shout it Out / 赤色のグリッター / and more2016年10月5日(水)東京都 TSUTAYA O-WEST<出演者>Shout it Out / 赤色のグリッター

最終更新:7月17日(日)16時33分

音楽ナタリー