ここから本文です

松本人志、辛口の永さんに「いつかほめてもらおうと…」

デイリースポーツ 7月17日(日)10時56分配信

 ダウンタウンの松本人志(52)が17日放送の「ワイドナショー」で、今月7日に亡くなった放送作家、タレントの永六輔さんについて「この人にいつかほめてもらおうと思って頑張りましたけどね」と語った。

 大阪を本拠地に芸能活動をスタートさせたダウンタウンは、東京進出当初は、それまでにない芸風から物議を醸すことが多かった。松本は「東京で一番、とがっていた時かな。うちのことを厳しく書いてあるのを見たことがあって」と永さんのダウンタウン評が印象に残っていると語った。

 その時の感想は「なんやこのジジイ!」だったというが、放送作家としてのキャリアや作詞した作品を知るにつれ「やっぱりすごい人」と実感するようになったという。直接、会ったことはなかったというが、「この人にいつかほめてもらおうと思ってがんばりましたけどね」としみじみと振り返った。

最終更新:7月17日(日)11時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。