ここから本文です

横浜スーパー1年・万波がフェンス直撃二塁打 マルチ安打デビュー、父はコンゴ出身

デイリースポーツ 7月17日(日)13時1分配信

 「高校野球神奈川大会2回戦、横浜8-0向の岡工」(17日、サーティーフォー保土ケ谷球場)

【写真】二塁打を放ち笑顔の万波

 横浜の大型ルーキー、万波中正外野手(1年)が、夏初戦でマルチ安打デビューを飾った。「7番・右翼」で先発出場すると、初回に5点を先制してなお1死無走者の場面で、まずは右中間フェンスを直撃する二塁打。さらに五回には、三遊間を破る左前打を放った。

 コンゴ出身の父を持ち、190センチ、92キロの堂々たる体格を誇る。並外れたパワーを証明した二塁打に「まさかフェンス直撃までいくとは思わなかった。(入学後)飛距離は伸びたと思います」と、うれしそうな笑みがこぼれた。

 2安打とも、これまで苦しんでいた変化球に対応。次戦以降に向けて「先輩たちにしっかりついていくこと。個人的には1本、ホームランを打ちたい」と、目標を掲げた。

最終更新:7月17日(日)13時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。