ここから本文です

Da-iCE、武道館に向けたホールツアー開幕。初日から満員御礼

BARKS 7月17日(日)10時18分配信

Da-iCEが、7月15日(金)にグループとして初のホールツアー<Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5->をスタートした。会場の三郷市文化会館は、この日を待ち望んだファンで満員となった。

◆Da-iCE画像

着実にステップアップを遂げるDa-iCEは、今回の初のホールツアーの演出として、倖田來未、SUPER JUNIOR、w-inds.など数多くのアーティストの振付・演出をしているMASAO氏を迎えている。スキルアップしたメンバーのパフォーマンスに更なるスパイスが加わり、“新しいDa-iCE”を魅せるツアーに仕上がっているという。

このツアーは日本全国17公演を行った後、ファイナルを2017年1月17日に日本武道館にて迎える。結成時より年間約100本のライブツアーを行ってきたDa-iCEの、新たなフェーズを垣間見ることができそうだ。

また、ファイナル公演となる武道館のチケットは、7月25日(月)23:59までにDa-iCE OFFiCiaL FUN CLUB a-iに入会(入金)した者を対象に一次先行予約が実施されるとのこと。

さらにDa-iCEは、間もなく7月20日に9th シングル「パラダイブ」をリリース予定で、前日19日(火)にはリリース記念ミニライブもおこなう。

最終更新:7月17日(日)10時18分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。