ここから本文です

広島大会・福山誠之館が大竹撃破で4回戦へ

デイリースポーツ 7月17日(日)13時18分配信

 「高校野球広島大会・3回戦、福山誠之館3-0大竹」(17日・しまなみ)

 福山誠之館がシード校の大竹を破り、2年ぶりの4回戦進出を果たした。

 福山誠之館は初回、2死から桑田翔の中前打を足掛かりに菅野が右前打で続いた。この打球を右翼手が後逸し先制。なおも2死三塁から藤井の左前打で加点した。八回にも2死から菅野の右線三塁打で好機を作り、藤井が適時内野安打を放った。

 二回以降、毎回得点圏に走者を置きながら、3投手のリレーで完封勝ち。大町監督は「初回に点がとれたんで盛り上がっていた。春負けて、しんどい時に崩れていたんですが、逆境に強くなった」と精神的な成長に目を細めていた。

最終更新:7月17日(日)15時45分

デイリースポーツ