ここから本文です

ブライアン・ジョンソン、ラジオ番組をスタート

BARKS 7月18日(月)15時49分配信

現在、AC/DCの活動から離れているブライアン・ジョンソンが、UKのラジオ局Planet Rock(インターネット版)で新番組をスタートする。

◆ブライアン・ジョンソン画像

番組のタイトルは『The Producers』。毎週、プロデューサーをゲストに迎え、ロック史に残る名アルバム誕生の裏側に迫るという。ブライアンは「プロデューサーがスタジオでどうやって瞬間をとらえ、それをロックンロール・ダイナマイトに変化させるのかってところに光を当てることができるのは、素晴らしい。彼らの話を聞くのは楽しみだ」とコメントしている。

日曜日(7月17日)に放送される第1回目のゲストは、アイアン・メイデン、ジョー・ボナマッサらの作品で知られるケヴィン・シャーリー。この先、ボブ・ロック(メタリカ、モトリー・クルー)、Nick Raskulinecz(フー・ファイターズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)、ロイ・トーマス・ベイカー(クイーン、ザ・カーズ)らが出演するという。

詳しくはRadioplayer.planetrock.com/live/まで。Planet Rockのインターネット・ラジオでは、アリス・クーパー、デフ・レパードのジョー・エリオットの番組も放送中。

Ako Suzuki

最終更新:7月18日(月)15時49分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。