ここから本文です

スーサイドのアラン・ヴェガ、死去

BARKS 7月21日(木)7時19分配信

エレクトロ・ミュージックやパンク・ロックのパイオニア的存在、スーサイドのフロントマン、アラン・ヴェガが土曜日(7月16日)亡くなった。睡眠中に息を引き取ったという。78歳だった。

ヘンリー・ロリンズが同日、彼のウェブサイト(Henryrollins.com)にヴェガの家族からの声明を掲載し、訃報を伝えた。

ヴェガは1971年、マーティン・レヴとNYにてスーサイドを結成。1977年に1stアルバム『Suicide』をリリースした。メインストリームでの成功はなかったとしても、そのライブ・パフォーマンスとアヴァンギャルドな音楽は、多くのミュージシャンに影響を与えた。

ビリー・アイドルは「80年代初め、アラン・ヴェガのソロ・ギグを観に行ったとき、彼が俺とPerri Listerにどんな風にJe T’adore(スペルあってるか?)を歌ってくれたか、思い出しているところだ…RIP」と追悼。ポーティスヘッドのジェフ・バーロウ、元コクトー・ツインズのサイモン・レイモンド、ゴシップのベス・ディットーらも彼の功績を称え、その死を偲んだ。

ヴェガは2012年に脳卒中を起こして以来、活動を控えるようになったが、今年4月、フランンスのシンガーChristopheがリリースしたアルバム『Les Vestiges du chaos』にヴォーカルを提供していた。

合掌。

Ako Suzuki

最終更新:7月21日(木)7時19分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。