ここから本文です

伝統校・横浜商が3回戦進出 V打の中野「古豪を強豪に変えたい」

デイリースポーツ 7月17日(日)17時45分配信

 「高校野球神奈川大会・2回戦、横浜商5-2光陵」(17日、サーティーフォー保土ケ谷球場)

 横浜商が終盤に突き放し、3回戦に進出した。2-2で迎えた七回2死一、三塁から、中野晴登外野手(3年)が右越えに決勝の適時三塁打を放った。1点リードの五回からリリーフ登板し、同点とされていたが「何とか貢献したいと思っていた。絶対に打ってやろうと思った」と、気迫の一打で取り返した。

 甲子園に16度出場し、83年には春夏連続で準優勝した実績を誇る横浜商も、97年を最後に聖地からは遠ざかる。15日には83年夏の決勝を戦ったPL学園が大阪大会で初戦敗退し、休部に入った。スタンドの大応援を見て、伝統校の重みを感じながらプレーしているという中野は「今は『古豪』と言われてしまっているのが悔しい。『古豪』を『強豪』に変えたい」と“Y校復権”を誓っていた。

最終更新:7月17日(日)17時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]