ここから本文です

広島新助っ人デラバー150キロ出た シート打撃登板で1回を無安打

デイリースポーツ 7月17日(日)18時29分配信

 広島の新外国人、スティーブ・デラバー投手(32)=レッズ傘下3A=が17日、マツダスタジアムでシート打撃に登板した。田中、小窪ら4人を相手に17球。1回を無安打1四球に抑えた。直球の最速は早くも150キロ。メジャー球宴出場右腕の実力をのぞかせた。

【写真】昨季所属のブルージェイズは22年ぶり地区V…アノ選手も美酒に酔った

 セットからの投球。田中を、全球ストレートで左飛に打ち取ると、続く船越には四球を与えた。だが、140キロ台後半を連発。続く磯村との対戦で150キロを計測した。195センチの長身から投げ下ろす150キロ超の直球と、スプリットが武器。「非常に意味のあるマウンドだった。全球種投げることができたし、それがよかった」と手応えを口にした。

 今季はメジャーで中継ぎとして登板7試合ながら、2013年にはオールスターに出場経験がある実力派。登板後には緒方監督や、球を受けた石原らと話し込む場面もあった。18日からは2軍に合流して、昇格に向けて状態を整えていく。

最終更新:7月17日(日)21時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。