ここから本文です

福田こうへい 2年4カ月ぶり新曲録音 前事務所と和解成立「普通が難しい」

デイリースポーツ 7月17日(日)19時21分配信

 「南部蝉しぐれ」のヒットで知られる演歌歌手の福田こうへい(39)が17日、都内で2年4カ月ぶりの新曲「北の出世船」(8月24日発売)の公開レコーディングを行った。

 前所属事務所から専属契約期間などをめぐり、約1億円の損害賠償を求められていたが、6月20日に和解。所属レコード会社は「裁判が解決するまでは新曲は出さない」としていたため、和解成立後から準備を始めたという。

 福田はこの日、迫力ある歌声を吹き込むと「長かった。お待たせして申し訳なかった。普通というのがこんなに難しいんだな。新曲を出させてもらうだけで幸せ」としみじみ。15年以来のNHK「紅白歌合戦」出場にも「選んでいただけるよう努力する」と意志をのぞかせた。

最終更新:7月17日(日)19時27分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。