ここから本文です

濱田龍臣 女装での演技に完全同化 監督ですら見分けられず

デイリースポーツ 7月17日(日)19時21分配信

 俳優の濱田龍臣(15)が17日、都内で開催中の「レインボー・リール東京 2016」で上映された映画「ハイヒール革命!」(9月17日公開)で舞台あいさつした。作品は性同一性障害を乗り越えたタレント・真境名ナツキ(28)の姿を描いたものでドキュメンタリーと再現ドラマで構成され、濱田は真境名の少年時代を女装で演じた。

 濱田は「真境名さんの話はすべて衝撃的な事実。でもきさくな方で見ていると笑顔になる。演じさせてもらって楽しかった」と撮影を振り返った。真境名は「似ても似つかないイケメンが私をやるなんて大事件。すごく優しくてビックリした」と感謝した。

 古波津監督は濱田の演技を「女の子の役にある所からスイッチが入った。女の子と一緒にバレーボールをしていても、どこにいるか分からなかった」という。そんな濱田に真境名が「すごくかわいかった。目覚めなかったでしょうね?」と切り込むと、濱田は余裕の表情で「大丈夫です」と交わしていた。

最終更新:7月17日(日)22時13分

デイリースポーツ