ここから本文です

樹木希林 内田裕也に詫び「ネグってきた」 初のスタジオトークで

デイリースポーツ 7月17日(日)22時12分配信

 女優の樹木希林(73)とロック歌手の内田裕也(76)夫妻が17日、テレビ朝日系「黒柳徹子だけが知っているTHEテレビ伝説60年史」にそろって出演し、夫婦そろってのスタジオトークが実現した。司会の羽鳥慎一アナは「テレビ史上初です」と2人の共演の珍しさを強調した。

 羽鳥アナの紹介で内田がスタジオに現れると、樹木はうっすら笑顔を浮かべた。夫婦はそろって長いすに座り、羽鳥アナが「希林さん、2人でテレビに出ることは?」と尋ねると、樹木は数秒考えて沈黙の後、「ないですね。まさかこんなことになってるとは」と驚いた。

 テレビ局側で確認したところ、「こういったスタジオトークはテレビ史上初です」と羽鳥アナは盛り上げた。

 会うのは「何年かぶり」だそうで、内田が「照れました。まあまあお似合いだと思うんです」と言えば、樹木は「娘と孫がとても好きなんです。根本的な優しさがある。子供はそれを見抜ける。もっとちゃんとした人を奥さんにすれば。私はそういうのをぜんぶネグってきた。かわいそうだなと思います」と自身の振る舞いを反省するとともに、内田を思いやった。

最終更新:7月17日(日)23時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。