ここから本文です

史上初「邪道ロケット」発射成功 大仁田が犠牲者第1号に

スポーツナビ 7月17日(日)19時18分配信

 大仁田厚がプロレス界史上初の“邪道ロケット”打ち上げに成功した。
 大仁田興行7.17岡山県卸センター・オレンジホール大会で、「FMW軍vs.UWF軍 爆破決戦!」と銘打って、大仁田&雷神矢口&橋本友彦vs.高山善廣&佐野巧真&池田大輔による、邪道ロケット&電流爆破デンジャラス鬼棒デスマッチが決行された。
 さる6月17日に行われた邪道ロケットの発射実験は、無事成功したが、試合で使用されるのは、この日が初めてとあって、試合前、さすがの大仁田も緊張を隠せなかった。

 先手を取ったのは、UWF軍だった。無理矢理イスに座らせた大仁田めがけて、高山が鬼棒で一撃。さらに、調子に乗ったUWF軍は、邪道ロケットの発射スイッチを押し、皮肉なことに史上初の犠牲者となったのは、開発した大仁田自身だった。
 あまりの破壊力で、大仁田は悶絶するばかり。しかし、その間に、パートナーの矢口、橋本が踏ん張り形勢逆転。大仁田が池田に鬼棒を叩き込んで、3カウントを奪取。史上初の邪道ロケット戦は、命からがら大仁田軍が勝利した。

 試合後、大仁田は「ロケットはとんでもない破壊力だった。今までの電流爆破(4面爆破)、爆破バットを完全に超越してる。我ながら、恐ろしいものをつくってしまった……。少し後悔してる自分がいるかもしれない。でも、お客さんも喜んでくれたし、このおもしろさを全国のファンに届けていきたい」とコメント。
 8.26ディファ有明でのファイヤー・プロレス旗揚げ戦は、有刺鉄線を使ったデスマッチが行われる予定だが、9月以降、邪道ロケット、鬼棒を使った爆破マッチが全国で繰り広げられることになる。

■大仁田厚プロレスリング「FMW軍vs.UWF軍 爆破決戦!」
7月17日(日)岡山県卸センター・オレンジホール 観衆:580人

第4試合 FMW対UWF~史上初!邪道ロケット&電流爆破デンジャラス鬼棒6人タッグデスマッチ 無制限1本勝負>
◯大仁田厚、雷神矢口、橋本友彦
(11分49秒 鬼棒攻撃→体固め)
高山善廣、佐野巧真、●池田大輔

<第3試合 タッグマッチ 30分1本>
◯守部宣孝、ダイスケ
(14分03秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め)
W★ING金村、●Hi69

<第2試合 タッグマッチ 30分1本>
怨霊、◯アイガー
14分12秒 みちづれ
しゃちほこマシーン、●寧々∞D.a.i

<第1試合 20分1本勝負>
◯HASEGAWA
(7分34秒 フィッシャーマンバスター→片エビ固め)
●岡山きびだんごマシーン

[文:ミカエル・コバタ]

最終更新:7月18日(月)10時22分

スポーツナビ