ここから本文です

内田裕也、樹木希林と「今年初めて会った」 黒柳徹子の3時間特番に夫婦で出演

オリコン 7月17日(日)15時41分配信

 日本のテレビ史約60年を女優・黒柳徹子とともに振り返る3時間の特別番組『黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史』がきょう17日(後6:57~9:56)にテレビ朝日系で放送される。番組内では、トークバラエティー初となるロックミュージシャン・内田裕也と女優・樹木希林の夫婦ツーショットが実現。特別に用意された二人がけソファーでの夫婦ツーショットが実現すると、黒柳は「おもしろい!」「いいな~!」「素敵!」と大興奮だった。

【写真】再現ドラマで黒柳徹子を演じる清水ミチコ

 芸能界一不思議でどこかアンタッチャブルな雰囲気のある夫婦の共演が実現するのは、テレビCMを取り上げるコーナーでのこと。2011年に内田と樹木が共演した、結婚情報誌『ゼクシィ』の映像が紹介される。別居生活を続ける夫婦が、紋付袴と留め袖姿で結婚を語るという意味深さで世間の注目を集めたこの作品。しかし、数ヶ月後に内田がある事件で逮捕され、同CMの放送はあえなく中止に。その責任を取るように樹木が同じ設定で一人バージョンのCMを発表。黒柳が「ウィットに富んでいて拍手して見た」という、歴史にも記憶にも残る作品となった。

 サプライズゲストとして内田が登場したとこで、即席『徹子の部屋』もどきがスタート。結婚から別居、離婚騒動まで、みんなが知りたい夫婦の真相に黒柳が鋭く切り込んでいく。

 内田と樹木が顔を合わせるのは、昨年の秋頃にプライベートで会って以来で、今年になってからは初めてという。テレビスタジオ初&トークバラエティー初の夫婦ツーショットに内田は、「めずらしくあがった」と緊張を口にする一方、樹木は「照れます」と終始伏し目がち。

 はた目には“摩訶不思議”に映る夫婦だが、黒柳に長年にわたる別居生活を問われ、内田は「よかったと思う」と素直な胸の内を告白する。内田いわく、きょうの樹木は「猫かぶってる」そうで、「(ケンカしたら)半端なくすごい。男相手にやってるみたい」なのだとか。その言葉を神妙な面持ちで聞いていた樹木も、「寝ているときは無防備だから刺せる。とっくにどっちかが刺されていておかしくない」と、同居の恐怖を語りスタジオを笑わせた。そこで黒柳が内田に「包丁を持とうと思ったことはありますか?」とまさかの質問。これぞ黒柳という話術で、いままでうかがい知ることのできなかった夫婦の姿を明らかにしていく。

 NHKの専属テレビ女優第1号としてデビューして以来、テレビの第一線で活躍する黒柳の体験談は、そのまま日本のテレビの歴史。テレビの普及とともに、作り手側には一体どのような変化が起こっていたのか。生放送ドラマ、カラー化、海外スターの来日、アイドル全盛期、記憶に残るテレビコマーシャルなど、さまざまなムーブメントを、当時の貴重映像や清水ミチコが黒柳を演じる再現ドラマ、そしてゆかりの深いゲストたちとのトークでひも解いていく。

 スタジオには黒柳と同世代の野際陽子と樹木がご意見番として出演。スペシャルゲストとして杉良太郎、水谷豊、近藤真彦が駆けつけ、黒柳との秘話や自身が体験してきたテレビの裏側を語るほか、ペ・ヨンジュンや黒柳とゆかりの深い人物も、VTRで黒柳へメッセージを送る。

最終更新:7月18日(月)20時35分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。