ここから本文です

スーパーラグビーの8強そろった! 準々決勝の組み合わせ決定

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月17日(日)11時37分配信

 南半球のクラブ王者を決めるスーパーラグビーはレギュラーシーズンが終了し、プレーオフに進む8チームが出そろった。

リオ五輪 女子ラグビー日本代表内定選手12名発表!

 最後の1枠を獲得したのはブランビーズ。16日に地元キャンベラでおこなわれたフォースとの最終戦に24-10で勝ち、ワラターズを抜いてオーストラリア・カンファレンスを制した。
 最終節までもつれたニュージーランド・カンファレンスで1位になったのは、ハリケーンズ。16日、敵地クライストチャーチで暫定2位だったクルセイダーズを35-10で倒し、相手より3トライ以上多くトライしたためボーナスポイントも獲得して、4位から首位に浮上。その後、暫定トップだったチーフスが前年度王者のハイランダーズに15-25で敗れたため、ハリケーンズの2年連続ニュージーランド地区制覇が決まった。
 なお、前節終了時に総合1位だったアフリカ第2カンファレンス王者のライオンズは、プレーオフを見据えてレギュラークラスの多くを休ませ“Bチーム”を最後のアルゼンチン遠征に送り込み、ジャガーズに22-34で敗れたため、トップシードは勝点最多(53)のハリケーンズとなった。

 現地時間22日、23日におこなわれる準々決勝の組み合わせは、ハリケーンズ(NZ・1位)×シャークス(南ア/ワイルドカード)、ライオンズ(アフリカ第2・1位)×クルセイダーズ(NZ/ワイルドカード)、ストーマーズ(アフリカ第1・1位)×チーフス(NZ/ワイルドカード)、ブランビーズ(豪州・1位)×ハイランダーズ(NZ/ワイルドカード)となった。

 今年は3チームが新たに加わり、18チーム参加の大会に拡張して新フォーマットで実施された。
 ワールドカップでベスト4入りしたアルゼンチン代表を中心にチーム編成したジャガーズは、開幕前は優勝候補の一角という声もあったが、4勝11敗で総合13位という結果で1年目を終えている。
 3年ぶりにスーパーラグビーに復帰した南ア第6のチーム、キングズは、2勝13敗で17位。
 そして、日本のサンウルブズは4月23日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれたジャガーズ戦で歴史的な1勝をあげたものの、結局1勝1分13敗で最下位という結果だった。

 キャプテンの堀江翔太らが負傷で不在のなか、最終戦でゲームキャプテンを務めた田村優は、「サポートしていただいたスポンサーの皆さん、チームスタッフ、そして仲間たちにはありがとうの言葉しかない。この短期間で家族のようなチームになれるとは思っていなかった。本当に良いチームだったと思う。シーズンが終わるのは寂しいです。課題は見えた。レベルの高い試合をこのメンバーでできてよかったと思う」と語り、チーム最年長の大野均は、「スーパーラグビー初参戦ということで、0(ゼロ)からチーム全員一丸となって、サンウルブズをより良いチームにしようという思いで15試合戦い抜いた。結果は上手く伴わなかったかもしれないが、ぜひ来シーズンも参加したいと思う」とコメントした。

最終更新:7月17日(日)11時37分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]