ここから本文です

ザマーSDの後任候補に挙がるボルシアMGのエベールSD「興味を示してくれているならうれしい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月17日(日)8時0分配信

バイエルンの遺伝子を持つ

ボルシア・メンヘングラードバッハのSDを務めるマックス・エベール氏がバイエルンからの興味について喜びをあらわにしている。

先日、バイエルンのマティアス・ザマーSDが辞任したため、その後任として候補に挙がっているのがエベール氏だ。同氏はバイエルンユースの出身でもあり、フロントに置くのにふさわしい人物だとドイツメディアは伝えている。これらの噂について同氏は『RevierSport』でコメントしている。

「バイエルンが本当に私に興味を示してくれているならもちろんうれしいよ。しかし、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲはそのポストに後任を置かないと言っていたし、私は2020年までクラブとの契約が残っている。それ以上言う必要はないだろう」

エベール氏が優秀な人材であることはすでにボルシアMGで証明されているが、バイエルンは報道通り、招聘へと動き出すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月17日(日)8時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報