ここから本文です

ソックとイズナーが勝利でアメリカが王手 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/17(日) 2:00配信

 7月15日から17日にかけて、各国で開催されているデビスカップ・ワールドグループ準々決勝。

アメリカ対クロアチアはチリッチとソックが第1試合 [デ杯準々決勝]

「アメリカ対クロアチア」は、アメリカ・オレゴン州ポートランドのトゥアラティン・ヒルズ・テニスセンター(ハードコート)で行われている。

 ジャック・ソック(アメリカ)はデ杯初戦で、エンジンをかけてスピードアップするのに少し時間を要した。しかし、一度彼のサービスの調子が上がると、その後のアメリカはクロアチアに対して速やかに2勝0敗とリードを奪い、非常に有利な立場を手に入れた。

 ソックは2セットダウンから挽回し、4-6 3-6 6-3 6-4 6-4でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒した。そして、第2シングルスでジョン・イズナー(アメリカ)がボルナ・チョリッチ(クロアチア)を6-4 6-4 6-3で退けた。

 これによってアメリカは土曜日のダブルス、ボブ&マイクのブライアン兄弟がイバン・ドディグ/マリン・ドラガニャ(クロアチア)を倒せば、そこでチームの勝利を確実にできることになった。

「我々の考え方は、我々はハッピーである、というもの」と、アメリカチームの監督であるジム・クーリエは言った。「我々は愛国心を胸に、ボブとマイクに彼らがやろうとしていることをやってもらう。僕らが手にしたチャンスをうれしく思っている」。

 世界12位のチリッチは第2セットでソックのサービスを3度破ってセットカウント2-0としたが、23歳のソックも最初の2セットで勢いを上げかかった時間帯があった。彼はそれをクーリエからのインスピレーションと合わせて活用し、カムバックのパワーを引き出した。

「第2セットでは多くのチャンスがあった。コートからふっ飛ばされるような負け方をしたわけじゃなかった。ただファーストサービスとリターンで、より賢明な選択をする必要があっただけなんだ」とソックは振り返る。

 クーリエはチリッチが2週間前にウィンブルドン準々決勝で2セットアップからロジャー・フェデラー(スイス)に挽回されて負けたことにより、精神的ダメージを受けているのではないか、とソックに言って彼の闘志を煽った。

「ジャックを戦い続けさせるため、その考えをニンジン(餌)に使った」とクーリエ。世界26位のビッグサーバー、ソックは奮起し、早めのブレークを果たして第3セットを取る。さらにソックは第4セットで最後の2ゲームを連取して、ついに2セットオールにこぎつけた。

 2014年全米オープン優勝者のチリッチは流れが相手に傾いたというより、ソックがよりよいプレーをし始めたのがこの逆転の理由だった、と言った。

「ジャックはすごくいいサービスを打ち始めた。彼はリターンゲームでほとんど僕にチャンスを与えてくれなかった」とチリッチ。

 ソックは最終セットでブレークを果たして5-4とすると、最後の4ポイントを連取して3時間13分の戦いに終止符を打った。

 ソックはこの勝利を、キャリアのハイライトであると語った。

「一生記憶に残るだろう」とソック。「5セットマッチを戦った機会はそう多くない。そして2セットダウンからの挽回は一度も経験したことがなかった。それを母国の観客の前でやるというのは本当に特別な感慨だ」。

 この勝利はソックにとって『ビッグ・フライデー』を飾る仕上げだった。その少し前に、彼はアメリカのオリンピック・チームの一員に命名されていたのだ。

「子供の頃、オリンピック行きは“夢のリスト”の中にあった。参加できることにすごくわくわくしている。いいテニスができるよう祈っているよ」とソック。

 イズナーはソックの大逆転劇の勢いに乗じ、19歳のチョリッチをストレートで下した。

「ジャックはポジティブなエネルギーを発していた。それは僕にとっても大いに助けとなったね。僕の肩からプレッシャーを取り去ってくれたよ。僕が何をしようと、我々は負けかかっているわけじゃないのだからね。ジャックのおかげで、僕はいい立場で試合をすることができた」とイズナーは言った。

 この試合の勝者は9月に行われる準決勝で、「チェコ対フランス」の勝者と対戦する。アメリカは2012年以来の準決勝進出を目指しているところだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, UNITED KINGDOM - JULY 02: Jack Sock of USA in action against Milos Raonic of Canada in the men's singles on day six of the 2016 Wimbledon Championships at the All England Lawn and Croquet Club in London, United Kingdom on July 02 2016. (Photo by Lindsey Parnaby/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:7/17(日) 2:00

THE TENNIS DAILY