ここから本文です

浦和、連勝街道突き進め 17日さいたまダービー、平川は左脚痛める

埼玉新聞 7月17日(日)6時34分配信

 浦和は大原サッカー場で約1時間、11対11のゲームを中心に調整した。

 前日会見したミシャ監督は「ダービーはどこの国、どこのリーグでも緊張感があるもの。とにかくチーム一丸でベストなゲームをして勝利をもぎ取りたい」とリーグ6連勝へ向けて意気込んだ。

 この試合を最後にリオデジャネイロ五輪でチームを離れる興梠は全員と一緒にボール回し、パス練習を行った後、ゲームに加わらず別メニュー調整。森脇も同様だった。

 主力組にはGK西川、3バック右から那須、遠藤、槙野、ボランチに阿部と青木、右ワイドに駒井、左に宇賀神、シャドーに梅崎と武藤、ワントップに石原が入った。

 李、ズラタン、関根らはサブ組で調整。阿部も途中で外れて青木が主力に回った。平川は左脚を痛めて途中で下がった。

最終更新:7月17日(日)6時34分

埼玉新聞