ここから本文です

デル=ポトロ組 逆転許さず勝ちきり、アルゼンチン2勝1敗<男子テニス>

tennis365.net 7月17日(日)12時31分配信

デビスカップ ワールドグループ準々決勝

男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップ ワールドグループ準々決勝 アルゼンチン対イタリア(イタリア/ペーザロ、クレー)は大会2日目の16日、ダブルスが行われ、G・ペラ(アルゼンチン)/ J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)組がF・フォニュイーニ(イタリア)/ P・ロレンジ(イタリア)組を6-1, 7-6 (7-4), 3-6, 3-6, 6-4のフルセットで制し、アルゼンチンが2勝1敗とリードした。

この試合、ペラ/ デル=ポトロ組は第1・第2セットを取り王手をかけるも、開催国イタリアの選手であるフォニュイーニ/ ロレンジ組に第3・第4セットで挽回を許し、2セットオールに持ち込まれる。

その後、ファイナルセットは流れを引き戻したペラ/ デル=ポトロ組が取りきり、勝利を手にした。

現在27歳のデル=ポトロは、2009年の全米オープンでグランドスラム初優勝を飾り、翌年には世界ランク4位を記録。しかし、近年は度重なる怪我に悩まされ、昨年はわずか2大会しか出場することが出来なかった。

今年2月のデルレイ・ビーチ・オープンで11カ月ぶりのツアー復帰を果たし、6月のメルセデス・カップではG・ディミトロフ(ブルガリア)、G・シモン(フランス)らを破りベスト4へ進出。1045位まで落としていた世界ランキングも、現在は139位まで上げている。

アルゼンチンは昨年、ワールドグループ1回戦でブラジル、準々決勝でセルビアを下して準決勝へ進出するも、ベルギーに敗れて決勝進出とはならなかった。

大会3日目のシングルス2試合には、F・デルボニス(アルゼンチン)とJ・モナコ(アルゼンチン)が登場予定。

tennis365.net

最終更新:7月17日(日)12時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]