ここから本文です

<さいたまクリテリウム>PRで銀座にカフェ 来場者にプレゼントも

埼玉新聞 7月17日(日)10時30分配信

 埼玉県のさいたま新都心周辺で10月29日に開催される自転車ロードの国際競技大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の開催100日前となる21日、店内に映像を流したりオリジナルメニューで大会を盛り上げるPRカフェが東京・銀座にオープンする。30日までの期間限定。PRカフェの出店は開催4回目を迎える同大会で初めて。

 開設するのは、東京都中央区銀座5丁目の東急プラザ銀座7階。東急ハンズが運営する「HANDS EXPO CAFE(ハンズエキスポカフェ)」。ツール・ド・フランスは個人総合優勝者に黄色ジャージを贈呈するなど特別な4賞の色ジャージーがある。

 カフェは4賞にちなんだオリジナル飲料を販売。「マイヨ・ジョーヌ」の黄色ジャージーをイメージしたマンゴーと野菜のスムージー(750円)や、「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」(山岳賞)の赤水玉をイメージしたクランベリーソーダ(700円)など。

 店内を大会関連グッズや写真パネルなどで装飾し、自転車も展示。現在フランスで開催中の「ツール・ド・フランス」本大会や、過去のさいたまクリテリウムからダイジェスト映像も放映する。来場者に大会オリジナルのステッカーとコースターを贈呈する企画も用意している。

 営業時間は午前11時から午後9時(30日は午後6時)まで。客席数62席。市スポーツイベント課は「クリテリウムを知らない人や自転車に興味がない人にも大会を知ってもらえれば」と話している。

最終更新:7月17日(日)10時30分

埼玉新聞