ここから本文です

37歳のカルロビッチが2年連続の決勝進出、ミュラーとのベテラン対決へ<男子テニス>

tennis365.net 7月17日(日)16時30分配信

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は16日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのI・カルロビッチ(クロアチア)が第4シードのM・バグダティス(キプロス)を7-6 (7-3), 7-6 (8-6)のストレートで下し、2年連続の決勝進出を果たした。

イヴォ・カルロビッチ 選手詳細情報

この試合、17本のサービスエースを決めてブレークチャンスを与えなかったカルロビッチは2度のタイブレークを制し、1時間47分で勝利した。

決勝では第3シードで33歳のG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。両者の対戦は今回が2度目で6月のリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)で顔を合わせた際にはカルロビッチが苦杯を喫している。

現在37歳のカルロビッチは昨年のホール・オブ・フェーム選手権ではR・ラム(アメリカ)に敗れて準優勝に終わっており、タイトル獲得は昨年2月のデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード、ATP250)から遠ざかっている。

tennis365.net

最終更新:7月17日(日)16時30分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]