ここから本文です

“進撃の立役者”が復帰の金沢 3試合ぶりの勝利で最下位脱出まであと一歩

theWORLD(ザ・ワールド) 7月17日(日)9時30分配信

加入から5日後にフル出場

J2リーグ第23節が16日に開催され、最下位に沈むツエーゲン金沢がホームでモンテディオ山形と対戦。金沢は7月11日に加入が決まったばかりのMF秋葉勝が先発出場を果たした。

2002年から2014年まで山形に所属した秋葉は2015年、期限付き移籍で金沢に加入。初めてJ2リーグを戦うクラブで主力選手として活躍し、一時は首位に立つなど快進撃の立役者となった。その後、シーズン終了後にFC岐阜へと加入した秋葉だが、同クラブでは出場機会に恵まれず。シーズン後半戦は再び金沢でプレイする。

16日に行われた山形戦で復帰後初めてスターティングメンバーに名を連ねた秋葉は、フル出場で1-0の完封勝利に貢献。秋葉が13年間在籍した山形を撃破した金沢は勝ち点3を加え、21位のザスパクサツ群馬に勝ち点で並んだ。

試合後、久しぶりに金沢のユニフォームを身に纏い戦った秋葉は復帰戦を振り返り、「前線の選手も下まで下りてきて、すごく守備をしてくれる。申し訳ないなと思うが、チームのために頑張ってくれている」とコメント。「今年のサッカーはちょっと変わっていると聞いている部分もある」と自身が所属していた昨季と比較しながらも、「そういうところで声を出して、声を絶やさずにやっていくことも1つの課題だと試合前に思っていた。そういうことができて良かった」と勝利を振り返った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

最下位脱出にリーチをかけた金沢は次節、敵地でFC岐阜と対戦。期限付き移籍で金沢に復帰した秋葉は契約の関係で出場することができないが、3試合ぶりに勝利を収めた金沢の戦いに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月17日(日)9時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報