ここから本文です

世界屈指の電波望遠鏡、未完成も目を見張る性能 南ア

AFPBB News 7/17(日) 16:42配信

(c)AFPBB News

【7月17日 AFP】南アフリカ・カーナーボン(Carnarvon)で16日、同国の電波望遠鏡「ミーアキャット(MeerKAT) 」の目を見張るような性能が披露された。最終的に64基のアンテナ群で構成される予定の「ミーアキャット」だが、今回はその4分の1となる16基での稼働となった。しかし、今まで70個の銀河しか知られていなかった場所で、1300個の銀河の観測に成功。「ミーアキャット」は2017年に、複数の国が参加する世界最大級の電波望遠鏡計画、スクエア・キロメートル・アレー(Square Kilometre Array、SKA)に統合される予定だ。映像は、アンテナ群と、「ミーアキャット」によって観測された画像。(c)AFPBB News

最終更新:7/17(日) 16:42

AFPBB News