ここから本文です

フランスが複で勝利し、2勝1敗とリード [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月17日(日)13時30分配信

 7月15日から17日にかけて、各国で開催されているデビスカップ・ワールドグループ準々決勝。

エルベール/マウがフランス対決を制してウィンブルドン初制覇

「チェコ対フランス」は、チェコ・トジネツの室内ハードコートで行われている。

 ウィンブルドンの男子ダブルスで優勝したニコラ・マウ/ピエール ユーグ・エルベール(ともにフランス)は激戦の末、ルーカシュ・ロソル/ラデク・ステパネク(ともにチェコ)を6-1 3-6 6-3 4-6 6-4で倒し、フランスに2勝1敗とリードを与えた。

 ウィンブルドンで初タイトルをつかむため、ジュリアン・ベネトー/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)をストレートで下した1週間後、マウとエルベールは敵地の室内ハードコートで勝利をつかみ、フランスがデ杯準決勝進出まであと1勝と迫った。

 フランス・ニースで起きたテロ攻撃によってセキュリティが強化された会場で、マウは最初のマッチポイントをオーバーヘッドのボレーで決め、試合に終止符を打った。
「すべきでないときにダブルフォールトをおかしたが、僕らはこの非常に危険なチームに対して辛抱強く戦った」とエルベール。「苦難を切り抜け、勝つことができてうれしいよ」。

 日曜日に行われるシングルスでは、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)がイリ・ベセリ(チェコ)を倒せば勝負に決着をつけることができる。しかし、もしも彼がそれをしくじったら、勝負はロソルとルカ・プイユ(フランス)の最終シングルスの結果で決まる。

 金曜日にロソルはツォンガを5セットの戦いの末に下したが、プイユがベセリをストレートで下して1勝1敗に。プイユはデ杯デビュー戦で勝利を挙げたばかりか、フランスに貴重な1勝をもたらしていた。

 ダブルスは、背中の問題を抱えていたアダム・パブラシェク(チェコ)の代わりにロソルが入ったが、彼は試合を通してサービスの不調に悩まされた。ロソルはファイナルセットの最初のゲームでサービスをブレークされ、それが結果的に致命傷となった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 19: Nicolas Mahut and Pierre-Hugues Herbert of France celebrate defeating Jack Sock of USA and Vasek Pospisil of Canada in the doubles final during day thirteen of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 19, 2016 in Indian Wells, California. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月17日(日)13時30分

THE TENNIS DAILY