ここから本文です

19歳のサンティラン晶がツアー大会本戦に初出場<男子テニス>

tennis365.net 7月17日(日)21時19分配信

ジェネラーリ・オープン

男子テニスのジェネラーリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、クレー、ATP250)が18日開幕する。日本勢から世界ランク117位のダニエル太郎(日本)と同291位のサンティラン晶(日本)がエントリーしており、サンティランはツアー本戦初出場となる。

現在19歳のサンティランは、オーストラリア人の父親と日本人の母親を持つハーフ。以前はオーストラリアに国籍を置いていたが、現在は日本に変更。ジュニア時代には全豪オープンジュニアのシングルスでベスト4進出などの成績を残している。

今シーズンは、下部大会ながら5月の2週連続優勝を含む4度の優勝と頭角を現しており、世界ランキングを現在は291位まで浮上させている。

主催者推薦枠での出場となった今大会では1回戦で第8シードのJ・シュトルフ(ドイツ)と顔を合わせる。

また、ダニエル太郎は1回戦で主催者推薦出場のJ・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

現在34歳のメルツァーは左肩の故障で長期間ツアーから離れており、今大会が約1年ぶりのツアー大会出場。2010年の全仏オープンでベスト4進出の成績を残し、世界ランキングでは2011年に8位を記録した。

今大会のシード勢は第1シードにD・ティエム(オーストリア)、第2シードにP・コールシュライバー(ドイツ)、第3シードにM・グラノジェルス(スペイン)、第4シードにP・ロレンジ(イタリア)となっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。

昨年はコールシュライバーが決勝でP・H・マチュー(フランス)を下して優勝を果たした。

tennis365.net

最終更新:7月17日(日)21時29分

tennis365.net