ここから本文です

クエバスとクーリザンが決勝へ [ハンブルク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月17日(日)15時0分配信

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」(7月11~17日/賞金総額138万8830ユーロ/クレーコート)で、第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)と第7シードのマルティン・クーリザン(スロバキア)が決勝進出を決めた。

 準決勝でクエバスはレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)と対戦し、最初のマッチポイントでダブルフォールトをおかしたあとに7-5 6-3で勝利をおさめた。オリーボにとってはATP大会の準決勝は、これが初めてだった。

 一方、準決勝のクーリザン(スロバキア)はステファン・ロベール(フランス)を6-3 6-4で下した。クーリザンは最後の5ゲームを連取した。

 クエバスは2月にリオデジャネイロとサンパオロで優勝したあと、今年3つ目のタイトルを目指している。クーリザンも2月にロッテルダムで優勝しており、今年2つ目のタイトルを目指す。

オリーボが地元選手で第1シードのコールシュライバーを破る [ドイツ・テニス選手権]

 クーリザンはATP大会の決勝に進出した際の戦績は4勝0敗と、今のところ100%の勝率を誇っている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 27: Pablo Cuevas of Uraguay plays a forehand shot during the Men's Singles first round match against Andrey Kuznetsov of Russia on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 27th, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月17日(日)15時0分

THE TENNIS DAILY