ここから本文です

カルロビッチとミュラーが決勝へ [ニューポート/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/17(日) 18:00配信

 アメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催されている「名誉の殿堂テニス選手権」(ATP250/7月11~17日/賞金総額51万5025ドル/グラスコート)の準決勝が行われ、第2シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)と第3シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)が決勝に進んだ。

杉田祐一はジョンソンに敗れて2回戦突破ならず [名誉の殿堂テニス選手権]

 カルロビッチはこのグラスコート大会でついに勝てると思うか、と尋ねられた際にシンプルな答えを用意していた。
「もし今でなかったら、いつだというんだい?」と、37歳のカルロビッチは聞き返した。彼は日曜日に3度目のチャンスを得ている。

 身長211cmのカルロビッチは準決勝で、第4シードのマルコス・バグダティス(キプロス)を7-6(3) 7-6 (6)で下し、3年連続の決勝に進出した。

「またここにいられるというのは本当に素敵なことだ」とカルロビッチ。「神が私のそばにいる。今年こそやってのけることができるよう祈っている」。

 カルロビッチは国際テニスの殿堂の会場で開催されているこの大会で、この2年は決勝で敗れていた。彼はキャリア7度目のタイトルを狙っている。

 もう一つの準決勝でミュラーは18本のサービスエースを奪い、ファーストサービスからのポイントの97%を獲得。第8シードのドナルド・ヤング(アメリカ)を6-3 6-4で倒した。ATPの大会で優勝経験のないミュラーは、初のタイトル獲得を目指している。

 ミュラーは2006、 2008、2012年にも出場しているが、すべて初戦で敗れていた。彼は一時この大会をスキップすることを決めたが、リオ五輪に向けての準備で、より多くの試合をこなそうと思い直してエントリーした。

「ここでは全然勝っていなかったから、来るのはもうやめようと思ったんだ」と33歳のミュラーは言う。「でも今年はオリンピックのために、本番前により試合をプレーしたかったから、やっぱり出場しようと決めたんだ。正しい判断だったよ」。

 試合はマラト・サフィン(ロシア)、ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)らの2016年度テニスの殿堂入りを祝うセレモニー後に行われた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 27: Ivo Karlovic plays a backhand shot during the Men's Singles first round match against Borna Coric of Croatia on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 27th, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7/17(日) 18:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]