ここから本文です

首位札幌MF「J2はどこのチームも力の差はない」 J2第23節を終えて1位から3位までが同勝ち点に

theWORLD(ザ・ワールド) 7/17(日) 11:00配信

次節は札幌と松本山雅が激突

J2リーグ第23節が16日に開催され、23節の結果によりコンサドーレ札幌、松本山雅、セレッソ大阪の上位3クラブが勝ち点47で並んだ。

22節終了時点で1試合未消化ながら首位を走っていた札幌は16日、敵地でファジアーノ岡山と対戦。試合は前半に決定機を作られるも得点を許さず、0-0の引き分けに終わった。試合後、札幌MF荒野拓馬は「J2はどこのチームも力の差はないと思います」とコメント。「後半戦が始まって2試合をアウェイという環境の中で勝点1を持って帰れることをプラスにとらえて、次はホームなので勝点3を取れるようにやっていきたいです」と語った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

また2位の松本山雅はギラヴァンツ北九州に勝利、3位のセレッソ大阪はザスパクサツ群馬に勝利。この結果により、札幌は1試合未消化ながら、上位3クラブが勝ち点47で並ぶことになった。24節は20日の水曜日に一斉開催され、得失点差で首位に立つ札幌は2位の松本山雅とホームで直接対戦。3位のC大阪はホームスタジアムに町田ゼルビアを迎える。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/17(日) 11:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報