ここから本文です

イグアイン&ディバラの2トップに敵う者無し ユヴェントスFWが自身の将来に不安

theWORLD(ザ・ワールド) 7月17日(日)13時40分配信

リーグ戦最多得点記録男が相手では……

まさに信じられないといったところか。セリエAの絶対王者ユヴェントスがリーグ戦最多得点記録を更新したナポリFWゴンサロ・イグアインの獲得に迫っているとの話題は、ユヴェントスの選手たちにも大きな衝撃を与えているようだ。イグアインは昨季リーグ戦で36得点を記録し、ユヴェントスですっかりエースとなったパウロ・ディバラと常に比べられる存在だった。この2人が2トップで揃えば……などという話も出ていたが、それが現実のものになる可能性も出てきているのだ。

伊『Gazzetta dello Sport』は、この話題にユヴェントスFWマリオ・マンジュキッチが衝撃を受けていると報じた。マンジュキッチは昨夏アトレティコ・マドリードから加入し、ディバラと前線でコンビを組んできた選手だ。高さとパワーのあるマンジュキッチとテクニックとスピードを併せ持つディバラのコンビは良い関係性を保っていたが、イグアインが到着すれば話は変わってくる。

同メディアはマンジュキッチがイグアイン到着時にベンチに下げられるのは自身だと理解していると伝えており、イグアインの到着を少しばかり心配しているようだ。イグアインはマンジュキッチほど高さがあるわけではないが、得点力の部分で圧倒的な差がある。誰が指揮官でもイグアイン&ディバラの2トップを選択するだろう。

同メディアはイグアイン到着時はマンジュキッチが自身の将来を考え直すことになると伝えているが、リーグ戦最多得点記録男は絶対王者の下にやってくるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月17日(日)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)