ここから本文です

新天地マンUでのデビュー戦で躍動したMFムヒタリアン「これからもっと良くなっていく」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/17(日) 15:30配信

指揮官もトップレベルと認める

今夏、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに加入したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、16日に行われたウィガンとのプレシーズンマッチに先発出場を果たした。

試合はウィル・キーンとアンドレアス・ペレイラがゴールを決め、マンチェスター・ユナイテッドが2-0で勝利した。初陣となったムヒタリアンは前半終了時までのプレイとなるも決定機を作り出し、指揮官のモウリーニョ監督には「ムヒタリアンはトップクラスの選手でフットボール選手として全盛期にあたる27、8歳だ。非常に頭の回転が早く、ボールタッチも素晴らしい」と称賛された。クラブの公式サイトが伝えている。

ムヒタリアンは試合を振り返って「前半は点が取れなかったから、難しい試合だった。でも、良い試合になったし、チームメイトに感謝している」とし、「どういうタイプの選手かも知らないといけないから。みんなのことをできるだけ早く知ろうと思って、努力している。試合を重ねて行けば、もっと良くなる」と語った。

マンチェスター・ユナイテッドは今後、中国で行われるプレシーズンマッチでドルトムントとマンチェスター・シティとのダービーマッチを戦う。ムヒタリアンにとってはやくも古巣との一戦となるが、どんな活躍を見せるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/17(日) 15:30

theWORLD(ザ・ワールド)