ここから本文です

セビージャ、イタリア代表MFバスケスを獲得することでパレルモと合意 5年契約へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7/17(日) 18:10配信

ライバル!?共存!?

セビージャは16日、パレルモからイタリア代表MFフランコ・バスケスを獲得することでクラブ間合意に至ったと発表した。すでにバスケスはセビージャの合宿地であるフロリダに到着しているようで、まもなく同クラブと5年契約を結ぶとのことだ。

アルゼンチン生まれのバスケスは、同国出身の父とイタリア出身の母を持つため、2カ国のパスポートを持っている。そのため、アルゼンチン代表とイタリア代表のどちらを選択するかに注目を集めていたが、2015年にイタリア代表を選択。同年の3月31日に行われたイングランド戦で代表デビューを果たした。クラブでは2012年1月にアルゼンチンのベルグラーノからパレルモへ加入。昨季はリーグ戦で8得点6アシストを挙げる活躍を見せ、パレルモの1部残留に貢献した。

日本代表MF清武弘嗣も獲得しているセビージャ。清武とバスケスはライバルとなるのだろうか。それとも共存という道を選ぶのだろうか。同クラブの新監督に就任したホルヘ・サンパオリの采配にも注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/17(日) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報