ここから本文です

次代のジャズ奏者発掘

カナロコ by 神奈川新聞 7月17日(日)11時8分配信

 現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」(横浜市中区)が、新人発掘のために制定した「ちぐさ賞」への応募を受け付けている。今回で4回目。31日まで。35歳以下の個人のジャズプレーヤーが対象で、受賞者は来春にレコードを発売できる。

 ちぐさはマスターの故・吉田衛さんが1933年に横浜・野毛に開店。戦災に遭いながらも復活し、サックスプレーヤーの渡辺貞夫さんら数多くのジャズミュージシャンが通い、育っていったことでも知られる。

 店主が亡くなった後、「日本のジャズを育てたい」という遺志を有志が引き継ぎ、「ちぐさレコーズ」を設立。新人発掘のためのちぐさ賞を制定した。これまでボーカリスト、ベーシスト、フルート奏者がデビューを果たした。

 選考はウェブ審査とライブ審査によって行われる。国籍不問。応募方法はちぐさレコーズのホームページから。問い合わせは同レコーズのメール(chigusasho@gmail.com)。

最終更新:7月17日(日)11時8分

カナロコ by 神奈川新聞

【生中継】小池百合子都知事の会見