ここから本文です

京都で日本初、ダムに3Dマッピング

Lmaga.jp 7月17日(日)11時0分配信

京都の「日吉ダム」(京都府南丹市)で7月17日に開催される『ひよし夏祭り花火大会2016』で、ダム堤体に映像を映し出すプロジェクションマッピングが上映。ダムへの投影は日本初という。

京都府が取り組む新しい観光スタイル「森の京都」の一環として行われる本イベント。例年行われる花火大会に加え、今回は花火とコラボしたプロジェクションマッピングが地域のシンボルである「日吉ダム」に投影される。大会全体では約800発の花火が打ち上げられ、その中で約10分ほどの映像が上映。上映中も花火が打ち上げられる。

映像は、京都市内で映画やテレビドラマの制作を行っているクリエイティブスタジオ・ゲツクロが担当。自然をテーマにした内容となる。上映は20:00~で入場は無料。この日は、朝からイベントや12店ほど屋台も登場、会場へはJR日吉駅から臨時バスが運行される。

最終更新:7月17日(日)11時1分

Lmaga.jp