ここから本文です

THAAD配備めぐる世論調査 賛成50%、反対32%

ハンギョレ新聞 7月17日(日)10時29分配信

THAAD配備予定地の大邱・慶尚北道地域、賛成55%で最も高く 与党セヌリ党支持者の74%、共に民主党支持者の36%が賛成

 高高度ミサイル防衛(THAAD<サード>)の朝鮮半島配備に賛成の世論が、反対世論を上回っていることが分かった。

 15日、世論調査専門会社の韓国ギャラップが公開した資料によると、今月12日から14日まで、全国の成人男女1004人を対象に行った世論調査(信頼水準95、標本誤差±3.1%ポイント)で、回答者の50%が朝鮮半島へのTHAAD配備に賛成すると答えた。「反対」は32%、「回答留保」は19%だった。「居住地の近くにTHAADが配備されることになったら受け入れる用意があるか」という問いにも46%が「ある」と答え、「ない」(39%)よりも高かった。

 THAAD配備に賛成する回答者は「国の安全保障・国民の安全をための防衛システム」(51%)を最も重要な理由に挙げた。その他に「北朝鮮の核とミサイルなど、脅威への対応」(17%)、「北朝鮮に対するけん制・圧迫」(10%)などの理由がその後を継いだ。一方、THAAD配備に反対すると回答した人たちは「THAADは必要ない・効果なし」(15%)を主な理由に挙げており、「米国のご機嫌伺い・米国のいいなり」(14%)、「中国など周辺国との緊張、または関係の悪化」(14%)について懸念を示した。

 THAAD配備に賛成する回答率は、THAAD配備地域に選定された星州(ソンジュ)を含む大邱(テグ) ・慶尚北道(55%)が最も高く、ソウル(51%)、大田(テジョン) ・世宗(セジョン)・忠清(51%)、釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶尚南道(50%)、京畿道(49%)など、全地域でほぼ50%前後を記録した。最も賛成率が低かったのは光州(クァンジュ) ・全羅(33%)地域だった。支持政党別の賛成の回答率は、セヌリ党74%、国民の党47%、共に民主党36%、正義党27%と調査された。

オム・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:7月17日(日)10時29分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。