ここから本文です

一瞬ひやり。中嶋大祐がSF決勝前フリーでマシン大破の大クラッシュ

オートスポーツweb 7月17日(日)9時28分配信

 スーパーフォーミュラ第3戦富士の決勝前フリー走行で、大クラッシュが起きた。30分のセッションのチェッカーラップでNAKAJIMA RACINGの中嶋大祐が300Rで大クラッシュ。中嶋大祐は自力でマシンを降りて大事には至っていないようだが、担架でメディカルセンターに運ばれた。車体はコクピット部を残してほぼ形を残しておらず、クラッシュの大きさを物語っている。

 クラッシュするまでの経緯は映像が映されていないためわからないが、アウト側のガードレールが大きく凹んでおり、車体は左右のフロント、リヤともにタイヤがサスペンションの根元から外れており、特に右側の破損が大きい。また、リヤエンドではエンジンから小さな炎が数カ所で見られ、駆けつけたファイアーマーシャルの消化作業によって炎は鎮火、大きな白煙が周囲を覆った。

 300Rはヘアピンから立ち上がってダンロップコーナーへと続く、緩やかな右コーナー。日曜午前の練習走行はウエット路面からスタートして、序々に路面が乾き始め、終盤はドライタイヤに履き替えて走行する滑りやすく難しいコンディションの中でのセッションだった。

 チェッカーラップだったこともあり、セッションはそのまま進行し、メインストレート上ではスタート練習が行われた。決勝に向けて、クルマの修復はかなり厳しい状況と推測されるとともに、中嶋大祐の容体が心配される。

 中嶋大祐は前日の予選で8番手グリッドを獲得していた。




[オートスポーツweb ]

最終更新:7月17日(日)10時16分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。