ここから本文です

真田幸村、48年の生涯をゲーム化!『戦国無双 ~真田丸~』発売決定

クランクイン! 7/17(日) 20:00配信

 大河ドラマ『真田丸』で盛り上がりを見せる“真田イヤー”に、真田幸村の48年を描いたPS4/PS3/PS Vita用タクティカルアクションゲーム『戦国無双 ~真田丸~』が2016年内に発売されることが決定した。本作は『戦国無双』シリーズ初の試みとして一人の武将に焦点を当て、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と謳われた武将・真田幸村の生涯をゲーム化する。

【関連】『戦国無双 ~真田丸~』フォトギャラリー


 『戦国無双』は、戦国時代を舞台に様々な武将を操作し、敵をなぎ倒す一騎当千の爽快感が味わえる人気シリーズ。登場する武将の中でも、屈指の人気を誇る真田幸村。その幸村の一生を中心に深く掘り下げ、1本の壮大なストーリーとして展開。幸村の父・真田昌幸の時代から始まり、幸村が生まれ、父の背中を見て目標を見出し、大坂の陣で壮絶な最後を遂げるまで、その生涯を余すところなく描き、物語をドラマティックに演出する。

 長期に渡る戦いを複数の戦場(シナリオ)で構成される『戦国無双 ~真田丸~』では、「支城戦」のような最終決戦に至るまでの前哨戦なども描くことで合戦間に繋がりを持たせ、よりスケールの大きな合戦を体感できる。そのほか、合戦中に朝~夜の時間経過がリアルタイムに変化したり、自身の活躍により他の戦場の戦況に影響を及ぼしたりと、バトルシーンに新しい試みを多数搭載。他の合戦も取り扱い、そこでは、お馴染みの無双武将たちでプレイすることが可能だという。

 そして今回、新要素「城下町」が登場する。物語は、時代に応じた「城下町」を起点として進行し、町人たちと交流し、鍛練を行い来たるべき戦いに備えるなど、従来のシリーズでは見られなかった無双武将たちの日常や合戦に至る経緯を体感できる。城下町は「真田本城」、「上田城」、「大坂城」と物語の進行に応じて増加。町の変遷に従ってイベントが発生したり、新たな施設も登場する。

 さらに大河ドラマ同様、シブサワ・コウ監修による「フル3D全国一枚マップ」を採用。放送中の大河ドラマ『真田丸』では、コーエーテクモゲームスのゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウが“3Dマップ監修”として参加している。その、戦国時代の日本を表現した「フル3D全国一枚マップ」が物語の状況説明に使用されているのも必見だ。

最終更新:7/17(日) 20:00

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革