ここから本文です

日本一楽しい!タモリカップに60艇 射水市沿岸部

北日本新聞 7月17日(日)13時20分配信

 日本一楽しいヨットレース「タモリカップ」が17日、昨年に引き続き射水市新湊地域沿岸部で開かれた。県内外から集まった約60艇が、にぎやかな海上パレードやレースを楽しんだ。

 海王丸パークでの「海上パレード」でイベントが幕開け。係留されている帆船(はんせん)海王丸の甲板からタモリさんが見守る中、出場艇がパフォーマンスを繰り広げながらスタートラインに向かった。

 タモリさんが得意とするイグアナのものまねにちなんでクルーがイグアナに仮装したり、「タモリさん、また富山に来てくれてありがとう!」と記された横断幕を掲げたりした船がパーク内を航行。船上でおわら踊りやこきりこ節を演じるクルーもおり、会場を訪れた大勢の来場者と一緒に盛り上がっていた。

 その後、出場艇はスタートラインに向かいレースを実施。同市新湊沖の定置網の周囲を回る約9・6キロのコースで順位を競った。夜には新湊マリーナで大バーベキュー大会を開いた。

 大会はマリンレジャーの発展のほか富山湾周辺のにぎわい創出と交流を目的に開催し、ことしで2度目。タモリカップ富山大会実行委員会(高桑幸一委員長)と県セーリング連盟(四方正治会長)主催。日本セーリング連盟と県、射水市、射水市教委、伏木富山港・海王丸財団、美しい富山湾クラブ、富山テレビ放送、北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7月18日(月)4時48分

北日本新聞