ここから本文です

“9人目の野手”としてチームに貢献 セ投手の打撃4部門トップは誰?

ベースボールキング 7月17日(日)11時45分配信

 16日に横浜スタジアムで行われたオールスターゲーム第2戦、パ・リーグ先発投手部門の1位でオールスターに選ばれた大谷翔平(日本ハム)が、右手にできたマメの影響で打者として出場。本塁打を含む、3安打2打点の活躍でMVPに輝いた。

 二刀流の大谷までの活躍はさすがに難しいが、セ・リーグでも“9番目の野手”として、打撃で勝利に貢献する投手が多い。そこで、前半戦が終了した時点で、セ・リーグの投手で、打率、安打、本塁打、打点の4部門の上位3名を見ていきたい。

●打率 ※規定投球回到達投手
1位 .257 菅野智之(巨人)
2位 .190 石田健大(DeNA)
3位 .179 山口俊(DeNA)
3位 .179 藤浪晋太郎(阪神)
→打率は規定投球回を到達している投手を対象にした。リーグで最も打率が高かったのは菅野智之(巨人)の.257。特に3・4月は、6日の阪神戦、13日のヤクルト戦でマルチ安打を記録するなど、打率.429を記録した。

●安打
1位 9安打 菅野智之(巨人)
2位 5安打 野村祐輔(広島)
2位 5安打 山口俊(DeNA)
2位 5安打 藤浪晋太郎(阪神)
→安打数1位は、打率部門でトップとなった菅野。4月6日の阪神戦、13日のヤクルト戦でのマルチ安打を始め、登板した試合で3試合連続安打を2度記録した。2位はリーグ最多の11勝を挙げる野村祐輔(広島)、今季本塁打を記録している山口俊(DeNA)、昨季打点部門で1位に輝いた藤浪晋太郎(阪神)の5安打となっている。

●本塁打
1位 1本 山口俊(DeNA)
1位 1本 バルデス(中日)
→山口、バルデス(中日)が1本塁打で1位。山口は今季初登板となった4月9日のヤクルト戦で、石川雅規からレフトスタンド上段に突き刺す豪快な一発を放った。山口は2014年にも本塁打を放っており、これが通算2本目の本塁打となった。バルデスは7月11日のDeNA戦で、小杉陽太からライトスタンド最前列へ今季第1号ソロ。バルデスの本塁打はこれが来日本塁打。

●打点
1位 4打点 山口俊(DeNA)
2位 3打点 黒田博樹(広島)
2位 3打点 バルデス(中日)
2位 3打点 メッセンジャー(阪神)
→山口がリーグトップの4打点をマークし、打点・本塁打の二冠。5月1日の阪神戦では、2安打2打点の活躍を見せた。2位の黒田博樹(広島)は今季ここまで放った安打は1本のみだが、6月29日のヤクルト戦で走者一掃の3点タイムリー二塁打を記録した。


 ここにランクインしていない投手でも、プロ初完封した10日の阪神戦でタイムリーを放った戸田隆矢(広島)、プロ野球歴代4位タイとなる24年連続安打を記録した三浦大輔(DeNA)など、“9番目の野手”として貢献している。ピッチングだけでなく、投手の打撃にも注目してみると面白いかもしれない。

BASEBALL KING

最終更新:7月17日(日)11時48分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]