ここから本文です

期限日まで残り2週間 近年の駆け込み補強は?

ベースボールキング 7/17(日) 15:00配信

八木と近藤のトレードが成立

 17日、ヤクルト・八木亮祐とオリックス・近藤一樹の交換トレードが発表された。ヤクルトとオリックスは現在セ・パ最下位に沈んでいるが、投手陣を整備し、両球団ともCS進出を目指す。ちなみにトレード、外国人補強、育成から支配下登録などの期限は7月31日までとなっている。

 最近5年間で7月15日以降の駆け込み補強を見てみると、トレード補強は八木と近藤のトレードを含めると4件。ヤクルトは14年に、川島慶三、日高亮とソフトバンクの新垣渚、山中浩史、2対2のトレードを成立させている。14年シーズン中に活躍はできなかったが、翌15年に山中がプロ初勝利を含む6勝をマークすれば、ソフトバンクに移籍した川島はスーパーサブとして77試合に出場してリーグ連覇に貢献した。

 オリックスも13年に吉野誠とソフトバンクの甲藤啓介、14年に三ツ俣大樹と中日の岩崎恭平のトレードが行われている。7月15日以降に限ると4件中3件が、ヤクルトとオリックスが関わっている。

 補強では、14年7月15日にロッテが、13年にキューバ代表としてWBCにも出場したデスパイネを獲得。24日に入団会見を行い、29日の日本ハム戦から出場。7月下旬の加入ながら、デスパイネはチーム2位の12本塁打を放っている。

 一方で、昨年7月下旬に獲得したカステヤーノス(巨人)、ムリーロ(楽天)、ペク・チャスン(ロッテ)など、力を発揮できずに、シーズンオフに退団となったという選手もいる。

 また、支配下登録選手の上限が70人だが、枠に余裕があり、育成選手を支配下選手として結ぶことも多い。昨年も期限日となった7月31日に釜元豪(ソフトバンク)と梅津智弘(楽天)が支配下選手となった。

 残り2週間となった補強の期限日。今季はトレードや外国人などの補強を行う球団はでてくるだろうか。


【2011年から5年間の7月15日以降、補強選手一覧】

1/2ページ

最終更新:7/17(日) 15:04

ベースボールキング