ここから本文です

白良浜の夜彩る キャンドルと花火

紀伊民報 7月17日(日)16時43分配信

 白浜温泉旅館協同組合(和歌山県)などは16日、白浜町の白良浜海水浴場で、夏の夜を彩る恒例イベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」を始めた。

 キャンドルイルミネーションは、西暦と同じ2016本のろうそくを砂入りの紙袋の中に1本ずつ立て、浜に並べた。観光客がメッセージを書き込める円筒形の容器も用意した。

 メッセージ花火は、家族への感謝や恋人へのプロポーズ、誕生日のお祝いなどのメッセージを放送し、打ち上げた。初日の申し込みは30発だった。

 三重県伊勢市から家族4人で来た会社員、川原勝平さん(36)は「白浜の観光地を巡っているが、夜も楽しめて良かった」と喜んだ。

 キャンドルイルミネーションは7月30日を除く、8月20日までの土曜午後8時~9時。メッセージ花火は8月24日(7月30日、8月1、10日除く)まで毎日午後8時10分から。1発6千円で1日100発限定。いずれも天候の都合で中止する場合がある。

最終更新:7月17日(日)16時43分

紀伊民報