ここから本文です

マンUでの初陣白星に「満足」…モウリーニョ監督「とても幸せだ」

SOCCER KING 7月17日(日)12時4分配信

 マンチェスター・Uは16日、今夏最初のプレシーズンマッチでウィガンと対戦し、2-0で勝利を収めた。クラブ初指揮を白星で飾ったジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、クラブ公式サイトチャンネル『MUTV』のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

 モウリーニョ新体制の初陣となった同試合は、FWウィル・キーン(49分)とMFアンドレアス・ペレイラ(58分)がゴールを決め、2-0で勝利。プレシーズンということもあり、決してベストパフォーマンスではなかったが、新加入のDFエリック・バイリーとMFヘンリク・ムヒタリアンがさっそくデビューを果たし、DFルーク・ショーも昨年9月以来となる待望の実戦復帰を果たすなど、ポジティブな要素が多かった。

「とても幸せだ。結果がすべてではないが、常に大事なことでもある」と白星スタートを喜ぶモウリーニョ監督は、「練習で取り組んだこと、ディフェンスとオフェンスで基本方針となる部分が見られたので、満足している。まだ10日しか練習をしていないし、疲労の蓄積もある。動きにもキレが出ていないので完璧ではなかった。しかし、時間がかかることだ。ただ、選手たちが私のフットボールを実践しようとする姿勢が見れたその部分に満足している。全員がポジティブなプレーを見せてくれた」と手応えを語った。

 クラブデビューを果たしたムヒタリアンについては、「トップクラスで、フットボール選手として全盛期にあたる27、8歳だ。彼のフットボールに関する考え方は見事。非常に頭の回転が早く、ボールタッチも素晴らしい。ストライカーの後方でなら異なるポジションでプレーできる。まだキレは出ていないが、彼のパフォーマンスは非常にポジティブな要因だ」と称賛。

 同じくデビューとなったバイリーについても「彼はまだ若い。異なる環境からやって来たが、今の力を見てもらえたと思う。これまで私の下でプレーしてくれたセンターバックと同様、成長できるよう支えていく。彼の獲得を決めたときのポテンシャルを今日の試合で発揮してくれた」と称えた。

 さらに、この試合の82分にはバイリーとの交代で18歳のDFアクセル・トゥアンゼベがトップデビューを飾った。「彼のポテンシャルはプレーを見れば即座にわかる。彼のプレーを初めて見たとしても、その高いポテンシャルを知るには10分で十分だ」と絶賛すると、追加点を挙げた20歳のペレイラについても「才能に溢れている。視野の広さと、素晴らしいテクニックを持っている」と高く評価した。

 また同試合中には、敵地に集まった約7000人のマンチェスター・Uサポーターがモウリーニョ監督を称えるチャントを歌い続けた。同監督は、「フレンドリーマッチは、対戦相手との練習試合とも言えるのだが、サポーターは絶え間なくチームを応援してくれた。チームのプレーを見て、(ファンが)喜んでくれている姿を見られた。それは実に素晴らしいことだよ」と話した。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)12時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]