ここから本文です

DFマチュー、バルセロナ退団か…ベシクタシュが移籍金約8億円用意

SOCCER KING 7月17日(日)11時56分配信

 バルセロナに所属するDFジェレミー・マチューが、同クラブ退団の方向へ進んでいる。16日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によると、マチューに対してベシクタシュが関心を示している模様。移籍金700万ユーロ(約8億円)を用意して交渉の準備を進めているようだ。

 バルセロナでのマチューは定位置を確保することができておらず、2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラではフル出場が8試合にとどまった。フランス代表DFサミュエル・ウムティティが加入したことで、マチュー自身は2016-17シーズン以降の出場試合数減少を懸念。安定したプレー時間の確保のために、同クラブ退団を検討しているという。

 現在32歳のマチューは、母国フランスでプロキャリアを積んだ後、2009年6月にバレンシアへ加入。同クラブでは公式戦通算177試合に出場した。その後2014年夏にバルセロナへ移籍すると、2シーズンで公式戦75試合でプレーしている。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)11時56分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]