ここから本文です

カンテ移籍のレスター、守護神流出の可能性も…エヴァートンが熱視線

SOCCER KING 7月17日(日)12時9分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターに所属するデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルに、エヴァートンが興味を示している。イギリス紙『デイリーメール』が16日に報じた。

 報道によると、エヴァートンは以前からシュマイケルへの関心を持ち続けており、獲得に向けて熱視線を送っているという。同クラブは退団が決まったアメリカ代表GKティム・ハワードの後釜としてシュマイケルの加入を目指している。

 同紙は、レスターがシュマイケルの移籍金を2000万ポンド(約27億7000万円)前後に設定していることを報じたうえで、同選手の退団に難色を示していると伝えた。同クラブはシュマイケルと長期契約を結ぶ意向で、交渉を続けている模様。ただ、ロナルド・クーマン新監督を迎えたエヴァートンのプロジェクトに同選手が魅力を感じる可能性もあると報じられている。

 シュマイケルは1986年生まれの29歳。2011年からレスターでプレーし、2013年にデンマーク代表デビューを果たした。2015-16シーズンはプレミアリーグ全38試合にフル出場。1試合1失点に満たない計36失点という記録を残した。堅守を支え、レスターの優勝に大きく貢献した。

 レスターは16日、フランス代表MFエンゴロ・カンテのチェルシー移籍が決定。同選手に続いてシュマイケルも流出することとなると大きな痛手となるだけに、今後の動向に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)12時21分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。