ここから本文です

レスター、ベルギー代表MFヴィツェルの争奪戦へ…カンテの後釜候補に

SOCCER KING 7月17日(日)12時29分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターが、ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの獲得レースに参戦するようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。

 レスターは16日、フランス代表MFエンゴロ・カンテのチェルシー移籍が決定。報道によると、レスターは同選手の後釜候補としてヴィツェルに白羽の矢を立て、獲得に動く模様だ。ヴィツェル自身は今夏の移籍市場でゼニトを退団する意向を示しているようで、複数クラブからの関心を報じられている。6月16日付のイタリア紙『トゥットスポルト』はユヴェントス、同27日付のイギリス紙『デイリーメール』はチェルシーからの興味を伝えている。

 レスターはカンテの後釜候補として元U-21フランス代表MFナンパリス・メンディをニースから獲得しているが、さらなる中盤の強化を図るべく、ヴィツェルの争奪戦に参戦する模様だ。

 ヴィツェルは1989年生まれの27歳。スタンダール・リエージュの下部組織からトップチームに昇格し、ベンフィカを経て2012年からゼニトでプレーしている。ユーロ2016にはベルギー代表の一員として参戦し、準々決勝までの全5試合に出場して1ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)12時46分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。