ここから本文です

ユーロで「100%」不発の独代表ミュラー「チームの役に立てなかった」

SOCCER KING 7月17日(日)15時30分配信

 ユーロ2016でノーゴールに終わったドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、同大会における自らの働きについて、改めて口を開いた。

 14日、ドイツ誌『スポーツビルト』が報じた内容によると、ミュンヘン近郊モースイニングで行われたゴルフのチャリティーマッチに出席したミュラーは「FWとして起用されたフランス戦で、20分以上もボールに触ることができなかったという事実を、僕はしっかりと認めなければならない。チームの役に立てなかった」と語ったという。

 また同選手は具体的な説明を求められると「いろんなところでボールを受けるために顔を出そうとしたが、中央のスペースをうまく使えなかった。だからチームを助けられなかった」とコメント。「全ての試合でゴールを決められなかった。パーセントにすれば100だね」と、自虐的に話している。

 ただしミュラーは同時に、「フランスのように後ろに引きこもるべきだと思うかい? 僕たちはそのようなサッカーを目指してはいない。もちろん成功への道は複数ある。しかし試合を支配すれば、それだけ優勝の可能性は高まる」と、ドイツ代表が標榜するサッカーの方向性に間違いはないことを強調していた。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)16時19分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]