ここから本文です

内田所属のシャルケ、FWザネのマンC移籍に備える…後釜はタディッチか

SOCCER KING 7月17日(日)15時19分配信

 DF内田篤人が所属するシャルケが、ドイツ代表MFレロイ・ザネの退団に備えていることが明らかになった。イギリス紙『デイリースター』が16日に伝えている。

 現在20歳のザネは、かねてよりマンチェスター・Cからの関心が伝えられていた。13日付のイギリス紙『デイリーメール』は、ザネとマンチェスター・Cがすでに移籍で個人合意に達していると伝え、契約期間が4年となることなど具体的な契約内容も報じられている。しかし一方、シャルケ側との移籍金交渉が難航し、移籍完了にはいまだ至っていない。

 そんな中、同紙はシャルケがザネの後釜を模索していると伝え、その筆頭候補に吉田麻也が所属するサウサンプトンのセルビア代表MFドゥシャン・タディッチを挙げた。シャルケはザネが4000万ユーロ(約46億円)でマンチェスター・Cへ移籍した際に、タディッチ獲得へ動くという。

 現在27歳のタディッチは、2014年にオランダのトゥウェンテからサウサンプトンへ加入。2015-16シーズンのプレミアリーグでは34試合に出場し8ゴールをマークした。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)15時23分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。