ここから本文です

白熱の埼玉ダービーは痛み分け…浦和、2度のリード守れず大宮とドロー

SOCCER KING 7月17日(日)21時0分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第4節が17日に行われ、浦和レッズと大宮アルディージャが対戦した。

 前節ベガルタ仙台に競り勝ち、リーグ戦の連勝を5に伸ばした浦和。大宮との“埼玉ダービー”には、前節決勝ゴールを挙げたFW興梠慎三や、アシストを記録したMF柏木陽介ら、仙台戦と同じ11名をピッチへ送り込んだ。

 対する大宮は前節のガンバ大阪戦で負傷したDF菊地光将が欠場。代わりにDF山越康平を抜てきした。また、大黒柱のFW家長昭博を欠く前線には、FW江坂任とFWネイツ・ペチュニクを並べた。大宮は2013年以来のリーグ戦浦和撃破を目指す。

 最初にチャンスを作ったのは浦和。2分、興梠が李忠成とのパス交換から右足のミドルシュートを放った。しかしこれは右ポストに弾かれ、得点には至らない。

 続く16分、センターサークル付近から柏木がロングボールを供給。これに反応した武藤雄樹がディフェンスラインの裏へ抜け出し、そのままヘディングシュートでゴールを狙うが、クロスバーの上へ外れた。

 37分、ついに浦和が均衡を破る。エリア付近で興梠が山越に倒されFKを獲得すると、キッカーを務めた柏木が直接ゴールを狙う。ボールはゴール右上へ吸い込まれ、ネットを揺らした。

 前半アディショナルタイム4分、先制された大宮はCKを獲得すると、横谷繁の蹴ったボールに江坂が頭で合わせる。するとこれがゴールに突き刺さり、大宮が同点に追いついた。直後に前半終了のホイッスルを迎える。

 後半に入ってゴールが奪えない浦和は57分、青木拓矢とズラタンを同時に投入する。

 すると直後の59分、浦和が得点を奪う。右サイドを駆け上がった関根貴大ドリブル突破を仕掛け、エリア内でクロスを上げると、武藤が頭で合わせ、ゴール左隅へ流し込んだ。

 再びリードを許した大宮は64分、CKから河本裕之がヘディングでゴールを狙う。しかしこれは左ポストに直撃。同点ゴールとはならなかった。

 しかし直後の68分、大宮がネットを揺らす。右サイドでボールを持ったマテウスが中央へカットイン。そのまま左足でミドルシュートを放ち、ゴール右下へ突き刺した。

 勢いに乗る大宮は80分、エリア左を強引に突破した泉澤仁がシュートまで持ち込むが、これはGK西川周作が体を張ってブロック。逆転を許さない。

 対する浦和は88分、CKから槙野智章がゴールを狙うが、シュートは枠外へ外れた。

 結局、最後まで両チームともに勝ち越しゴールを奪えず。今季2度目の埼玉ダービーは白熱した展開が続き、勝ち点1ずつを分け合うこととなった。

 次節、浦和は敵地で鹿島アントラーズと、大宮はホームでアルビレックス新潟と23日に対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 2ー2 大宮アルディージャ

【得点者】
1-0 37分 柏木陽介(浦和)
1-1 45+4分 江坂任(大宮)
2-1 59分 武藤雄樹(浦和)
2-2 68分 マテウス(大宮)

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)22時7分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]