ここから本文です

川崎、小林悠のJ1通算50得点目で同点に…敵地で磐田とドロー

SOCCER KING 7月17日(日)20時25分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第4節が17日に行われ、ジュビロ磐田と川崎フロンターレがヤマハスタジアムで対戦した。

 セカンドステージ開幕3試合で2分け1敗と苦しいスタートとなった磐田。13日の第3節ヴァンフォーレ甲府戦はスコアレスドローに終わった。中3日で迎える今節、攻撃陣にはMFアダイウトンとFWジェイ、MF小林祐希らが並んだ。

 一方の川崎はファーストステージは2位に終わったものの、セカンドステージは3連勝と好スタートを切った。13日のアルビレックス新潟戦では3-2と逆転勝利。MF中村憲剛が負傷離脱を強いられる中、今節の先発メンバーにはMF橋本晃司が名を連ね、前線はFW大久保嘉人とFW小林悠が務める。

 前半は互いに拮抗した展開。15分に川崎のエウシーニョがボレーシュートでゴールを脅かしたが、GK志村滉の正面へ。対する磐田もジェイが32分にペナルティーエリア内からシュートを放ったものの、枠を逸れた。前半はスコアレスで終了した。

 0-0で迎えた後半、均衡を破ったのは磐田だった。53分、左サイド深くでスルーパスに反応した川辺駿の折り返しにジェイが反応し、左足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

 ビハインドを負った川崎も64分に反撃。大島僚太のピンポイントのスルーパスに反応した小林悠が最終ラインの背後を取り、相手GKの頭上を越えるシュートで同点ゴールを決めた。小林悠にとってはJ1リーグ通算50得点目となった。

 終盤は互いに勝ち越しを目指して攻め合う展開となった。82分には磐田の太田吉彰が強烈なミドルシュートを放ったが、クロスバーを直撃してゴールとはならなかった。川崎は終盤に人数をかけてゴール前へ攻め込んだが、2ゴール目を奪うことはできなかった。

 試合は1-1で終了。川崎はアウェーで勝ち点1を積み上げるにとどまった。次節は23日、FC東京をホームに迎える。一方、3試合連続の引き分けに終わった磐田は次節、横浜F・マリノスとアウェーで対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-1 川崎フロンターレ

【得点者】
1-0 53分 ジェイ(ジュビロ磐田)
1-1 64分 小林悠(川崎フロンターレ)

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)22時13分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報